プロバイダー

今さら聞けない!自分に合ったプロバイダーとは?

プロバイダーとは、インターネットを接続する上で必要となり、各地のアクセスポイントを提供する業者です。
東西のNTTが提供するフレッツ光では、光ファイバーケーブルによる光回線を提供しており、その回線を使用する契約と共にインターネットに接続する上での契約を行う必要があります。

つまりフレッツ光の光回線の使用契約とインターネットに接続するプロバイダー契約の二つの契約を必要としています。
現在は光コラボ業者が増えていますが、光コラボ業者はプロバイダー業者に他なりませんが、光コラボ業者がフレッツ光をNTTより借り受けて、インターネット接続までを手掛ける形になります。

消費者としてはフレッツの契約とプロバイダー業者に対しての二つの契約をすることなく、光コラボ業者だけの契約を締結すれば良いので、料金の支払いなどの面でもコラボ業者一社に支払うだけで済む契約を締結することが可能となります。
もっとも従来の様にフレッツ光の契約とプロバイダー契約という様に二つの契約を維持しながら、それでインターネットに接続させる方法も温存させることも可能です。

ただ光コラボ業者に転用した場合には、それをまたフレッツ光とプロバイダー業者との二つの契約に戻すことができない点で注意をする必要があります。
そのため光コラボ業者と契約を締結する上では、そういった点で慎重を要します。

最近は光コラボ業者に転用することで受けられるメリットも多いため、多くの家庭では光コラボ業者を選択して、光コラボ契約を締結しています。
光コラボ業者は、ほとんどが従来からのプロバイダー業者が多く、なかには新規に参入した業者も見られますが、知名度の点では従来のプロバイダー業者の方が有利に働くことが多いです。

そのため使い勝手の点においては、従来のプロバイダー業者が提供するサービスを選択することは何かと都合が良いのも事実です。
もっとも自分に最適な業者を選択したい場合、幾つかの選択するべきポイントが存在します。

そのポイントにはプロバイダー業者の知名度、月額に換算しての料金、また各種キャンペーンなどの特典、他には他のサービスとのセット料金による割引です。
まずプロバイダー業者には加入者が多い大手業者が存在したかと思えば、マイナーなあまり聞いたことがない業者もあります。

大手の業者の方がお問い合わせなどをした場合の対応ノウハウが優れている場合があり、意外と満足の行く対応を行ってくれる魅力があります。
加入者が多ければ多いほど、サービス面や万が一の使えなくなった場合の対応も良好となるケースがあるため、安定的な大手を選択する方法が存在します。

サービス面での充実を期待する場合には加入者数が多いプロバイダー業者を選択することも優れています。
次に月額による料金を比較して、料金の格安なプロバイダーを選択する方法があります。

ほとんどの方が月額の料金の負担を減らせるだけ減らしたいというニーズを持っていることが多いです。
実際に光回線自体を借り受けてサービスを提供するため、通信速度の面においてはフレッツ光と同一の速度を実現できるので大きな差がないのが実態となっています。

つまりプロバイダーごとに通信速度の差があまり存在しないので、月額の料金が格安なプロバイダ業者を選択することは理に適っています。
月額の料金の差も1,000円前後の違いが見られることも多く、将来も継続して契約を行い続け、長期間の契約では驚くほどの差が出てしまうことも多いです。

よって将来にわたって料金を節約したい方は、月額料金が格安なプロバイダー業者を選択することが大切となります。
また折角、長期にわたる契約を締結するので、どうしても特典が充実していることを拘る方もおります。

例えばキャッシュバックとして現金が還元する場合、商品券などの金券が貰える、PCやスマートフォンが貰える、3ヶ月~6ヶ月ぐらいの範囲内で、月額料金が割引もしくは無料キャンペーンなどがあります。
こうした特典の充実の度合いに応じて選択する方法も存在し、優れた特典が欲しいケースでは判断基準の一つに使うことも可能です。

そして最後にはセット割引という優れた割引制度が存在するため、それを考慮してみるというのもベストです。
セット割引とは、スマートフォン、電気、ガスなどの料金を一緒にまとめることで、さらに割引を受けることができる点があります。

光コラボ業者が人気になっているのは、このセット割引の充実を挙げることができ、セット割引の程度においては家計にも大きく影響することもあります。
通信料金や電気・ガスなどは毎月、必要経費としてかかるものなので、そういったエネルギー面と通信料金を抱き合わせたトータルのコストが下がれば、それだけで自分にとってもプラスとなります。

自分に合ったプロバイダーを選択する上では、セット割引が使えるかどうかの視点は重要となります。
以上、通信サービス面ではプロバイダーによってほとんど均一的になっていますので、こうしたメリット面を重視して自分に合うプロバイダーを選択するとベストです。